ラポマイン 妊娠中

ラポマインは妊娠中に使えない?適切なケア方法とは

最安値のラポマイン

 

妊娠をするとこれまでは全然臭いなんて気にならなかった方でも、ワキガや体臭のニオイが気になる場合があります。

 

これは、妊娠をすることで体質など体内環境のホルモンバランスが変わるためです。

 

また、妊娠中は妊娠前に比べて体温が高くなりがちなので、新陳代謝が高まって汗をかきやすくなります。

 

そして、赤ちゃんが腸を圧迫するため腸の動きが悪くなり、便秘になりがちで強いガスを放つようになったりなどが体臭悪化の原因となっています。

 

 

でも、徹底的に身体に優しい成分でつくられているラポマインなら、妊娠中でも安心して使うことができます。

 

以下は公式サイトのよくある質問への回答ですが、妊娠中や授乳中でも問題ないと言われています。

 

株式会社ハーバーリンクスジャパン

 

ただ、「万が一お肌に異常を感じた場合はすぐに使用を中止し、医師にご相談の上、ご使用を検討してください」ともありますので、事前にどんな商品か先生に見てもらうのも良いかもしれません。

 

ラポマインそのものを見せることはできませんが、今ならスマホの画面でどんな成分が入っているかというのは簡単に調べられますので、きっと親切に答えてもらえるはずです。

 

 

ただ、基本的にはそこまでしなくても、ラポマインは医薬部外品で厚生労働省から効果が保証されていますし、無添加・無香料となりますので、安心して使い続けられます。

 

妊娠中は成分が皮膚から浸透して赤ちゃんに伝わるのが嫌なため、化粧品やデオドラントを控える方もおられますが、ラポマインはその心配もありませんので大丈夫です。

 

 

また、きつくなったニオイは妊娠中だけでなく、産後も玉ねぎや生ゴミのような臭いに悩まれる方もおられ、産後の方がさらに悪化してしまったということもありえます

 

これも体質変化が主となり、ワキガの原因となるアポクリン汗腺が妊娠をきっかけに発達したり、授乳中などは乳腺が刺激となることから言われています。

 

ですが、今のうちからラポマインでケアしておけば、妊娠後のニオイも気にする必要はありませんので、余計な不安を抱えずに済みます。

 

 

さらに、これまでワキガを発症していなかった場合には、初めてワキガ体質にあると気づかれることもあるかと思います。

 

その場合、ワキガは遺伝しますのでお腹の赤ちゃんも成長期を迎える頃にはワキガを発症してしまうかもしれません。

 

そんなときに、家族の誰一人としてワキガのケア方法を知らないとなれば困ってしまうと思いますので、今のうちから対策方法を学んでおきたいですね。

 

 

妊娠中は色々と不安になりがちですが、体臭の悩みはラポマインを使うことで解決することができます。

 

一度気になるとずっと引きずってしまうものなので、今のうちに一つずつ不安を解消されてみてはいかがでしょうか。

 

>>妊娠中でも安心して使えるラポマイン!詳細を確認してみる


パッチテストは二の腕がベスト?

 

もし、ラポマインをいきなり脇やデリケートゾーン、胸などに塗るのが怖いという方は、パッチテストを行うことで合う、合わないを知ることができます。

 

ラポマインを購入すると、以下のような「ラポマイン読本」という解説本がプレゼントしてもらえるのですが、そこには“足の裏”のパッチテストが良いと書かれていました。

 

ラポマイン読本

 

ですが、足の裏って皮膚が固くて肌にも合っているのかわからないと思います。

 

そんなときは、二の腕でもテストすることができますので、ぜひ試してみてください。

 

ラポマインの公式サポートで教えてもらった情報なので、肌に合っているかわかりやすいと思います。

 

 

ちなみに、パッチテストの段階で合わなくてもラポマインには永久返金保証が付いていますので、初回料金は返金してくれます。

 

全くノーリスクでお試しでき家計の負担にもなりませんので、気になっている方はまずはお試ししておきましょう。

 

>>妊娠中でも安心して使えるラポマイン!詳細を確認してみる